MENU

置き換えダイエットと血糖値

空腹感と血糖値には、密接な関係があります。
お腹が空いてくると、血糖値が下がります。
これにより、貧血になったり集中力が低下したりします。
だからといって糖質が多く含まれたものを一気に食べてしまうと、急激に血糖値が上昇します。
すると今度は、上がり過ぎた血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌されます。
糖を脂肪に変化させるインスリンが大量に分泌されれば、摂取した糖質がどんどん脂肪に変わってしまいます。
それだけでもダイエット中の身には恐ろしいことですが、この流れが繰り返されると次第にインスリンの分泌に乱れが生じて糖尿病に陥る危険があります。
適度な糖を摂取しておけば急激に血糖値を上昇させることもないのですから、空腹のときにすぐに甘いものを食べるようなことは避けたほうがよいのです。
糖質が多く含まれる炭水化物をたくさん食べてしまうのも、同様です。
置き換えダイエットでは、1日のうち1食や2食は普通の食事をするのが鉄則です。
そうすることで栄養のバランスをとることも大事ですが、同時に満腹感を適度に得る食事をすることが重要なのです。
究極的に食事制限をして、ダイエット期間が終了したら我慢していたお菓子を一気食いするなど絶対に止めてくださいね。
置き換えダイエット食に満腹感を得られる要素を求めることも、ポイントです。